JRM第35回総会に参加しました

15年4月22日にエクシブ浜中湖で開催れた日本ゴム機械懇話会(以下JRM、髙木康彦会長)の総会に、弊社代表取締役社長の市村が参加しました。

以下が詳細の内容です。

 日本ゴム機械懇話会(JRM、髙木康彦会長)は4月22日、第35回JRM総会をエクシブ浜中湖で開催した。会員ほか報道関係者含め22名が出席し、平成26年度会計報告およびJRM会員の近況報告が行われた。また水越裕美講師によるヨガのワークショップも開かれた。

 総会は市村真佐人副会長(和光精機代表取締役社長)の司会進行[hidepost]で進められ、山中亨副会長(ミクロ電子㈱代表取締役社長)が開会の辞を行った。

 冒頭のあいさつで、髙木康彦会長(関西ロール代表取締役社長)は「現状を見ますと、円安の影響により、自動車関連が海外を中心に販売が好調のほか、東北の復興需要が本格的に動きはじめ、また2020年に向かって東京オリンピックによる需要も具体化し、さらに2027年にはリニア中央新幹線の開通があるなど日本全体に建築業界を中心とした大きなプロジェクトが動いています。ただし、業界によっては勝ち組、負け組など厳しい企業があることも事実です。JRM会員の皆様も個々に扱う機械が違いますし、それぞれ状況も異なってきますので、今回も忌憚のない意見交換ができたらと思います」と述べ、「私もJRMに携わるようになって17年が経ちました。この会が今後も5年、10年、20年と続けることで会員の皆様にとって非常に価値ある会に育てていきたいと思います」と今後の抱負を語った。

 続いて、玉置篤会計(小松原代表取締役社長)が平成26年度の会計報告をし、全員一致で収支内容を承認したあと、会員による近況報告が行われた。
 各会員から「14年の前半は中国需要が好調だったが後半はアメリカの税制関連で厳しい環境になった、円安の影響で中国などの海外の引き合いが増えてきた、企業の海外進出が加速することにより、海外向けの輸出比率が徐々に高まった」と海外動向に関する報告があり、また「円安により受注が増加、生産性向上のため新規案件が増えてきた、ユーザーがものづくり補助金や一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)による省エネ設備導入に伴う補助金などを活用するするケースが増えている、業務改善や納期管理の生産体制を整えた」という国内動向に関する報告もあった。

 会員の近況報告終了後、水越裕美講師を迎え、「今話題のヨガって何だろう?ヨガの魅力を大解剖」というテーマで講演が開催された。講演では、水越講師と会員とのヨガによるワークショップも行われた。
 講演会終了後、会場を移し懇親会が開催された。

2015年04月22日更新